インフルエンザにかかった女の子と注射器

昔のインフルエンザの予防接種は学校で集団で行われていました。しかし注射器を使いまわしにしてB型肝炎が発症する事件が起きて、現在では個別で予防接種されるようになりました。

インフルエンザ時の食事について

インフルエンザ時におすすめのお粥

毎年冬になると必ずといっていいほど流行するのがインフルエンザです。インフルエンザの症状は様々で、咳、のどの痛み、くしゃみ、食欲不振、全身倦怠感、腹痛、高熱、悪寒、関節の痛み、といった症状を引き起こします。インフルエンザは感染しますので、できるだけ早く病院行って薬を処方してもらい自宅で休息をとりましょう。では、インフルエンザに感染した時にはどんな食事をとればよいでしょうか?それは、無理のない範囲で食べられるものを食べることです。高熱が出ていると免疫力が低下します。そんな時に無理にお腹に食べ物を入れると吐き気を催しますし、胃腸の動きが弱っているときに無理に食べ物を食べると消化不良を起こしてしまいます。それで、食べられるものを食べるようにしましょう。お粥や雑炊やうどんなどは身体を温めますのでおすすめです。また野菜をたくさん使った野菜スープやカボチャスープなども栄養がとれますのでおすすめです。しかし、熱があるので温かい食べ物は受けつけないという場合には、ヨーグルト、ゼリー、プリンといった冷たいものでも良いでしょう。また、ミカンなどの柑橘類は身体の抗酸化作用と抵抗力を高める役割をしますので、ミカンなどの柑橘類でも良いでしょう。しかし、もし食べ物を受けつけないとしても、水分補給だけはしっかりととるようにしましょう。特に、下痢などの症状が出ているときには脱水症状が悪化しやすいですので、たくさん水分をとりましょう。ぬるめの麦茶、白湯、スポーツ飲料などでしっかりと補うようにしましょう。インフルエンザは感染すると、とても大変です。それで、普段からインフルエンザにかからないようしっかりと栄養をとりましょう。

インフルエンザの世界事情

世界中に出回るインフルエンザウイルス

インフルエンザという病気は、ウイルスへの感染がもたらすものですが、このウイルスには大きく分けるとA型、B型、C型といった種類があり、このなかで流行をもたらしているのはA型とB型ということになります。特にA型のウイルスについては、突然変異をしやすいという特徴があるため、毎年冬場になると話題になるインフルエンザは、同じ病名でよばれていても、実はウイルスのタイプが微妙に異なっていて、それにともない症状などにもその年ごとの特徴がみられることがあるのです。日本以外の世界においてもインフルエンザは同様に流行するものですが、日本のように明確な四季がみられない地域もありますので、必ずしも冬場が流行の季節などとは軽々しくはいえないものです。そのため、たとえば東南アジアなどを旅行して、その地でウイルスに感染した人が、日本に戻ってから周囲の人にウイルスをまきちらしたために、夏場に国内の特定の地域でインフルエンザが流行するなどといったこともあり得るわけです。さらに、最近ではブタなどの家畜から突然変異のウイルスが人体にも感染して猛威をふるう、いわゆる新型インフルエンザなども話題となっています。2009年に発生した新型インフルエンザは、世界的に爆発的な患者数を記録しており、パンデミックとよばれる恐慌規模の大流行を引き起こしています。このようなインフルエンザに対しては、ウイルスに直接効果がある医薬品が求められており、すでにいくつかの抗ウイルス薬が開発されています。日本でも新型インフルエンザに備えて、こうした医薬品を国都道府県で共同で備蓄をしており、必要に応じて医療関係者や高齢者などのハイリスクな人々に開放されることになっています。

インフルエンザに発症したらタバコはOK?

インフルエンザ発症でタバコを吸えない男性

インフルエンザを発症してしまった場合にはまず回復に努めるようにしなくてはなりません。もともと健康なのであれば数日安静にしているだけでも回復は見込めますが、それでも体に負担をかけるようなことをしていては完治が遠のいてしまいます。そのため「インフルエンザに感染しているがタバコは吸いたい」というのは我慢するのが一番良いでしょう。そもそもインフルエンザは悪化すると肺炎を引き起こすことがありますから、肺炎のリスクを高める喫煙が良いわけがありません。加えて喫煙は血液中に含まれる酸素を減らして全身の免疫力を低下させる、活性酸素の生成によって内臓の機能を低下させるなどさまざまな害を有しています。医学的研究の中では日常的に喫煙をしている人がインフルエンザに感染するリスクは非喫煙者と比べて2~3倍ほどになり、喫煙者でインフルエンザに感染した人が仮に禁煙していた場合には3割がインフルエンザに感染すること無く健康に過ごせていたであろうと推測するデータも出てきています。法律で許されているわけですから吸う・吸わないは個人の勝手だと言われればその通りなのですが、今後の健康のことも考えるとインフルエンザに感染してしまった場合にはその時点から禁煙をスタートするのが最も好ましいと言えるでしょう。実際体の調子が悪い時はほとんどの人がタバコを吸うどころでは無いのですから、数日間自然とタバコを止めることができる絶好の禁煙のチャンスです。1日20本のタバコを吸うとすると年間16万円を支払うことになるわけですし、普段からタバコが止められなくて困っているのならばインフルエンザをチャンスとして考えて積極的に禁煙に取り組むことをお勧めします。