インフルエンザにかかった女の子と注射器

昔のインフルエンザの予防接種は学校で集団で行われていました。しかし注射器を使いまわしにしてB型肝炎が発症する事件が起きて、現在では個別で予防接種されるようになりました。

インフルエンザの用法と期間に関して

最近冬場になってくると、気温が一気に冷え込み、外では非常に寒くなってきます。外で寒さを感じると人の体温は温めようとしてくるため、より多くの熱が体の中から発せられるようになります。自分の体を温めておいた体温をもとに、より多くのエネルギーが蓄えられているため、外の寒さにも体が対応することができるのですが、その分体の中を燃やすためのエネルギーを使ってしまうため体力が必要になってきます。このようにして外で過ごし続けると体が弱り始めて、長時間寒いところにいると弱った体においては免疫力がなくなることから風邪をひいてしまったり、さらにはひどいときにはインフルエンザに感染してしまう可能性があるため、十分気を付けて風邪予防には外から中に入る際には手洗いうがいをしっかりと行っておくことと、できれば外から入ってくるときにはアルコール消毒をしておくことがより予防につながってきます。しかし、冬場になるとどうしてもインフルエンザが流行してしまうためきっちりとした用法で対応しておく必要がありますが、まずはインフルエンザに感染した際には発熱が始まるまでの潜伏期間があります。この間はかかっていることがわからないため、体に対して負担をかけることで体力がなくなり免疫力も衰えてくることから、非常に無防備な状況になっています。そのため、普段から体の疲れをため込まないようにきっちりと適切な休息をとっておくことと、普段から予防を心がけておく必要があります。さらには、発熱し始めると医師の診断でもインフルエンザと診断されることができるようになりますので、もし診断された場合には、すぐに会社や学校を休んで安静にしておく必要があります。その後は発熱が収まると本人は元気ですが他の人にうつしてしまう可能性がある期間があるため、できるだけ外に出ないように心掛ける必要があります。