インフルエンザにかかった女の子と注射器

昔のインフルエンザの予防接種は学校で集団で行われていました。しかし注射器を使いまわしにしてB型肝炎が発症する事件が起きて、現在では個別で予防接種されるようになりました。

インフルエンザ対策は秋から必要

秋になると徐々に空気が乾燥して行く為、どうしても空気感染しやすくなります。
インフルエンザも感染者が出始める時期となっており、大体秋の半ばくらいになると予防接種が行われ始めます。
インフルエンザ自体は11月位から急に感染者数が増えて行く為、それまでに予防対策を行います。

予防として行われているのが手洗い・うがい等通常の風邪対策と同じことと、予防接種です。
予防接種は流行してから行うのではなく、本格的に流行する前に行います。
薬の効果は約5か月程度となっているため、流行する前に接種を終了させます。
その時期は大体10月から11月位です。

大人の場合は予防接種を行う時は1回の接種で終了しますが、13歳未満の場合は2回接種しなければいけません。
1回目と2回目は連続して行う事は出来ず、2週間から4週間程度空ける必要があります。
11月の末までに接種を完了しておくという事を考えると、遅くとも10月の末くらいまでには1回目の接種を終えておきます。
また発熱時は予防接種が出来ない為、当初の予定通りスムーズに終了する事が出来るとは限らない為、予定通り行かない事も考慮して予防接種の計画を立てます。
こうする事によって、流行する前に接種を完了させる事が出来ます。

また、予防接種はインフルエンザ予防の一つの方法であり、それ以外にも秋以降は特に手洗いうがいだけでなく、マスクを使って予防します。
さらに空気が乾燥する事によって感染拡大につながるので、室内の加湿を行います。
また換気を適宜行い、閉め切った室内でずっと過ごしません。
インフルエンザは非常に感染力が高い病気の為、秋に入る頃からは徐々にその対策を行い、流行するシーズになる頃に葉予防接種を終わらせて感染を予防します。