インフルエンザにかかった女の子と注射器

昔のインフルエンザの予防接種は学校で集団で行われていました。しかし注射器を使いまわしにしてB型肝炎が発症する事件が起きて、現在では個別で予防接種されるようになりました。

安いインフルエンザワクチンと腫れ

インフルエンザは毎年11月~2月の期間に流行すると言われています。インフルエンザにかかると辛い症状が出てしまいますし、体力の無い人や予定がある人などは予防接種を受けた方が良いでしょう。インフルエンザの予防接種を受けることにより、もしインフルエンザにかかってしまっても症状を軽くすることができます。しかし、副作用として腫れや頭痛、熱、倦怠感などといった症状が出てしまうこともあるのです。人によっては腫れなどが起こらないこともありますが、これは抗体反応というものであり、体がインフルエンザへの抗体を作っている状態です。予防接種の後に腫れてしまっても普通は数日程度で治まるので心配ありません。ちなみに、予防接種のワクチンは卵を使った作られているため、卵アレルギーを持っている人は注意しましょう。また、他のアレルギーがある場合もドクターに相談してから予防接種を受けた方が安心です。インフルエンザの予防接種はできるだけ安い病院で受けたいという人もいるでしょう。医療費には保険診療と自費診療の2つがありますが、予防接種は基本的に保険が適用されないため、全て自己負担となります。公費の負担が無いため、保険診療と比べて負担が大きくなってしまうでしょう。自費診療の料金というのは病院が自由に決めることができるため、病院ごとに異なっているのです。予防接種のワクチンの仕入れ値は1本2000円程度とされており、人件費などと合わせると1回の予防接種は4000円程度が相場と言えるでしょう。安い病院は3000円以下で予防接種を受けられることもありますが、そのような病院はかなり混雑していることもあります。また、予防接種の値段は地域によっても相場が異なっているため、いろいろ調べてみると良いでしょう。